景気を良くする施策はもちろん、地元に仕事と働く先が湧き出るイメージの施策をめざします。
名づけて「仕事の泉」プロジェクト!

今はおそらく景気が良い時だと思います。
しかし、その恩恵は一握りの方に限られているとも言われています。
また、景気が良い中にあっても、仕事が回ってこない、仕事に就けないという声も聞きます。

そこで名古屋市の予算1兆円を、出来る限り市内の企業等に発注・支出するようにして、この地域の景気を良くしていきます。加えて、山に降った雨が裾野に泉となって湧き出るように、名古屋に仕事が湧く湧く、Work-Workの「仕事の泉」プロジェクトを推進します。

具体策として、まずは名古屋市が嘱託員の採用を通じて、障がい者も含めて、雇用の場をどんどん増やします。
もちろん、保育所をはじめ子育て支援策も充実し、女性が働きやすい名古屋市もめざします!