約2ヶ月ぶりの議会。議場天窓からの経験のない溢れるほど眩しくも力強く放射線状に伸びる太陽光が、緊張感を一段と助長させて、手の震えが止まりません・・。

このたび、名古屋市議会における平成27年度中の議会人事案件を中心とした5月臨時会がスタート。
まずは、市政運営の要、議長・副議長の選挙。所信表明が各候補者より行われ、厳粛に執行。第90代議長には藤沢ただまさ先輩(自民)、第98代副議長には同僚の小川としゆき議員(民主)が選出されました。

藤沢先輩(南区)は、2年前の市長選挙に出馬した、そう!!まさに「河村市長と戦ったオトコ」。これまで一切歩みを緩めず、弛まぬ努力をされ続けてきた尊敬する熱血漢。東海中・高の先輩でもあり、ホント喜びひとしお。
そして、史上最年少副議長に選ばれた小川ちゃん。いえ、小川議員!彼とは平成19年初当選組の同期であり、年齢は一学年私より若く、弁舌は極めて巧みな38歳。
正副議長ともに同世代であり、市民に身近な市政と議会改革に馳せる思いは極めて熱く期待大。

そして正副議長選挙ののち、藤沢議長より「議会運営委員の選任」が行われ、このたび私も議会運営委員として指名されました。

率直に申し上げ、4年前の異常な熱気も冷め、一転腰を据えた議会運営と相成れるかと思いきや、波乱含みは否めない様相??いえ、まずは今期1年目。私なりにこれまで2期8年間の経験を生かし、市民の皆さんとともに、名古屋市の発展に向けて役に立つ議員として誠心誠意努めて参ります!