今朝は、名古屋市会 財政福祉委員会にて『障害者差別解消法の対応について』の所管事務調査。

障害の有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現を目的とする法律。

地方公共団体は、差別解消について法的に義務化されたことで、今まで以上に合理的配慮に努めていただくことになり、民間事業者の模範となることが期待されます。

なお、障害者差別に関する相談に「ワンストップ」で対応する相談窓口が新たに設置される予定。

写真は、委員会終了後の反省会の画(笑)
一日、朝から市役所と天白区を行ったり来たりとバタバタな一日でした(^^;;