今朝は陳情を一件受けてから、財政福祉委員長として愛知県社会福祉大会への出席依頼を賜り、久しぶりに愛知県体育館に出かけました。

名古屋市会からは、藤沢忠将(南区選出)市会議長と財政福祉委員会、教育子ども委員会の両正副委員長が出席。

逆光の写真は、教育こども委員会副委員長の浅井正仁(中川区選出)議員と共に!!

県内各地域の民生児童委員、社会福祉施設職員をはじめ社会福祉の第一線で活躍されている皆さんが一堂に集まっての大会。

『安心して・生き生きと・地域で・普通に・暮らせる・社会』
頭文字が「あ・い・ち・ふ・く・し」デス(^^)

午後は、岡山市〜福岡市の行政視察に引き続き、本日も再び安心安全なまちづくり対策特別委員会として、名古屋市青少年交流プラザ「ユースクエア」へ現場視察。

お邪魔した際は、プレイルームで東京から招かれた劇団のリハーサルが、活動室ではクラッシックバレエの教室がそれぞれ行われており、また、防音でドラムセットを備えた音楽スタジオは、安価で使用できることから大変好評のようでした。

同施設は、「青少年の社会参画活動の推進、地域・世代間交流活動、青少年の就労支援のための相談・情報提供」などの拠点となっています。所在は北区ですが皆さんご存知ですか?

なごサポのパンフレットに「40.9時間に1人」と書かれていました。これは、就職決定者が生まれている数字だそうです。なごサポでは、15〜39歳までで就職しておらず、学校に在籍していない若者やその保護者を対象としています。