年末恒例の天白区農産物品評会。

区内で生産される農産物について、審査表彰をし、また販売・紹介等を通じて都市農業へのご理解を広くいただく目的で毎年開催されています。

審査対象は、にんじん、だいこん・かぶ、イモ類、キャベツ・はくさい、小松菜、ブロッコリー、果実類、手芸・農産物加工品の部。総出品点数424点の中から特選16点、入選30点を選出。

会場内では、農産物が整然と並べられ、昨年の議会での質問から「なごやさい」も至るところで採用されて頑張ってくれてました(^-^)/

ところで写真の『かぼっち』は、区政40年を記念して公募で昨年誕生。天白区名産である「栗あじかぼちゃ+八事五寸にんじん+八事の蝶々」をモチーフにデザインされています。

さて、ここで問題!
天白区を代表する「あいちの伝統野菜」はなんでしょう?
1.かぼちゃ 2.にんじん 3.うめ (答えは最下行)

ちなみにご当地発祥の八事五寸にんじんの審査報告、「由緒ある産地にふさわしく、尻づまりや肩のはりが良く形状が美しいもの、色や外観の良いもの・・」φ(・・naruhodo〜

わがまち天白には、農地はもとより生産緑地も多く、名古屋市農業センターもあり、名古屋市東部丘陵地帯に位置する自然と緑に囲まれたエリアで、「農」に対しては様々な意味でポテンシャルの高い地域と考えております。

「なごやさいマルシェ」をもっと前面にアピールしていただいて、まさに「地産地消」で都市農業のあり方をよくよく吟味していかないといけません。

※天白区を代表する、あいちの伝統野菜は、2.の「にんじん」。はじまりは、元八事の農家からで大正初期のこと。色が濃くて柔らかく、甘味があるのが特徴の「八事五寸にんじん」。