今日は成人の日。成人式を迎えられた皆さん、誠におめでとうございます。

ちょうど5年前、恐らく皆さんは中学校三年生であったかと思います。その年の3月11日に、東日本大震災が起きました。あの大惨事に命を奪われ、中学校を卒業することができなかった生徒がいました。同時に、今日の晴れの舞台に立つことも、成人を迎えることも叶わなかった同年の仲間がいます。自然の猛威の前には、人間の力はあまりにも無力であり本当に残酷でした。

フィギアスケートの羽生結弦選手は、昨年成人を迎えられたので、皆さんのちょうど一歳先輩にあたります。彼は仙台出身であり被災者でもあり、体育館での避難所生活を強いられた一人。フィギアスケートに対しては、仙台のスケートリンクはおろか、ろくに練習できない環境下。

それでも、震災復興のきっかけになってくれればと滑り続け、「被災地の希望」と称えられ、いまや世界最高得点をたたき出すほどの、スーパースターになられました。

あれから5年。辛い悲しい出来事でしたが、これまでには、きっと多くの絆が生まれたはずです。

ぜひ皆さんには、他人への思いやりの気持ちをもち、社会へ貢献できる大人へとなっていただきたいと思います。次世代を担う若者として、責任と誇りをもち、日本の明日を築く原動力となられますよう心から期待致します!

ご成人、おめでとうございます!