今朝は地元老人クラブ「池場地区 若鷺会45周年記念式典」にてお祝いのご挨拶。こちらは、あの1970年大阪万博開催翌年の1971年9月創立の歴史ある会。

天白区内の老人クラブ会員数のピークが昭和52年2,955名(60歳以上人口5,280名)で、なんと加入率55.9%!!高齢者の半分以上が加入されている状況でクラブ数50。

しかしながら平成27年1月時点では、2,675名と加入者数は微減ながらも、60歳以上人口が42,382名!とピーク時比8倍と圧倒的に母数が増えるものの残念ながら加入率6.3%(市内平均10.8%)、クラブ数58。

生きがい、健康、仲間づくりは永遠のテーマです!万が一のことも含めて、地域の皆さんと一緒になって活動いただける尊いみなさんに、感謝感謝です!!

なお、平成20年9月議会にて、「元気高齢者はの新たな施策の展開について」と題し、「小規模老人クラブへの助成」について質問し、平成21年7月から『助成会員数を50人以上→30人以上』と、クラブ活動支援のお手伝いをさせていただいた経緯もあります。
また、平成21年度から、「敬老の日」に高齢者を対象として、『市民利用施設の無料開放』の実施とも相成りました。

人生の先輩である高齢者を敬い、感謝の気持ちをもつ意味での施策の充実も大切。財政状況を鑑みて、安心に暮らせ、いつまでも誇りに思える名古屋市の発展と活力あるまちづくりに向けて、微力ながら努めてまいります(^-^)/