名古屋城がエライことに!!

地元を代表するアーティストで、若年層の圧倒的な支持を得ている37歳の彼。

その名も

『AK-69』

「名古屋城をバックに!」
「NAGOYAを世界へ!」

地元が誇る名古屋城を『AK-69』のミュージックビデオを通して世界へアピールしたい。楽曲の世界観(新しい扉を開け、地元名古屋から世界へ飛び立つ)を映像で表現したい。

見た目からは想像すらできない武骨で一途な姿勢とリリックが、いまの若者を魅了しているのも納得。そして彼を取り巻く仲間やスタッフの強烈な熱意とボランタリーな連帯感が私を奮起させ、名古屋城関係者の深いご理解を得て、昨晩の撮影に至ることになりました。

もちろん、車やバイクの搬入、照明機材などの設置によって史跡が荒らされたり万が一壊されることがないよう、入念な協議と手続きを経て、細心の注意を払ったかたちで挙行。2週間前に電撃依頼を受けた新曲PV撮影も無事終了。

このタイミングでこのような貴重な場所で撮影できたことに、関係者皆さんから喜びと感謝の言葉が絶えず、私も大きなやりがいを感じたひとときでした。

なお、なんと彼のSNSフォロワー数は、一昨年で、FaceBook77,153、LINE62,392、YouTube54,871。

中日ドラゴンズの朝倉選手を始めとしたプロ野球選手の入場曲使用、体操の内村航平選手やスノボの平野歩夢選手、ボクシングの井岡一翔選手などのトップアスリートからも大きな支持を受けているそうです。

ビースティ・ボーイズやジャスティン・ビーバーなどのアーティストが所属する「Def Jam Recordings」と日本人初となる契約を2014年に結んだことは評価大。

まずは、6月初旬予定で、YouTubeの配信からご覧いただけるようですYo!!

※名古屋城本丸御殿「対面所・下御膳所」の公開、いよいよ平成28年6月1日(水)からDef!!