本日から名古屋市会所属の常任委員会メンバー(総務環境委員会)で、3日間の行政視察。

初日は、東京都。渋谷区の東京ウィメンズプラザに続き、豊島区役所へ。

日本初のマンション一体型庁舎「としまエコミューゼタウン」で、環境対策について調査。

設計は、新国立競技場設計者である建築家 隈 研吾氏。

なんと、区内に一本も流れていないはずの川が庁舎屋上に立派な庭園とともに。

さらに、エネルギーを使わずに、空気を自然に入れ換える仕組みも取り入れられており、環境に配慮した設えが随所にみられます。