陸前高田市議会 伊藤明彦 議長と共に

あれから5年半。今もなお、丸ごと支援で名古屋市職員が10名近く派遣され、私たちも幾度となく訪問してきた岩手県陸前高田市へ。

初日は、被災地域農業復興支援事業で米崎町に整備した大規模園芸施設の視察、陸前高田市役所にて戸羽市長・伊藤議長と久しぶりの面談。

午後からは、名古屋市会議員有志によるガーデニングクラブ「心に花をプロジェクト」として、伊藤議長と共に飛び地の住田町仮設住宅中上団地及び住田町役場へ訪問。

中上団地のお母さん達の真心こもった手料理でおもてなし♪

そんな中上団地の集会所で、教授と遭遇(゚o゚;;

そうです、TMOの坂本龍一氏。森林保全団体“more Trees”を設立され、東日本大震災直後から“LIFE311”という復興支援事業を行っており、住田町の木造仮設住宅へ、ペレットストーブを寄贈されたそうです。

ちなみに、住田町は旧気仙郡である陸前高田市&大船渡市の被災者に向け、全国初の木造一戸建て仮設住宅を震災3日後から建設に着手されています。

偶然にも発災直前、「森林・林業 日本一」を掲げる住田町は、木造仮設住宅を海外で災害が起こった際に使える仕様・図面等の体制を整え、国へ提案する間際だったそうです。

陽射しがまぶしくてとっても暖かい一日で、逆にたくさんのパワーをいただきました。