一昨晩から、冷え込みがかなり厳しくなりましたね。今宵が“消防団納め”。12月25日からはじまった6日間の消防団年末消防特別警戒、無事に今年も終わりました。

私は、消防団激励巡回と忘年会続きでようやく昨晩から出動していますが、こうした消防団をはじめとした地域団体や災害協力事業者の最近の活動には、目を見張るものがあります。

今年を振り返ると、4月の熊本にはじまり、鳥取、福島沖の地震、12月に入っても、4万平144棟の延焼被害、鎮火に10時間要した新潟県糸魚川市の大火災、二日前の茨城での地震と、災害が絶えることのない一年でした。

当エリアでは、いつ来るかわからない「南海トラフ巨大地震」( 東海・東南海・南海 3連動地震)に対し、まさに多くの備えが必要のとき。そして「地域防災力の向上」・「地震発生時の体制確立」・「予防対策」といったところの防災への取り組みの徹底は必至です。

いずれにいたしましても一年間、消防関係者の皆様、お疲れ様でした。

ちなみに、次の消防団としての活動予定は『出初式@名古屋港』です。平成29年1月8日(日)10時に名古屋港ガーデンふ頭へぜひお越しください!私は団旗係として隊列行進いたします。

http://www.nagoya-info.jp/event/south/27.html